【黒猫】スザク世界の今後を考えてみる(ネタバレ・妄想注意)

タイトルにも書きましたが、ネタバレかつ勝手な想像なのでそう言うのが嫌いな人は読み飛ばしてください。
警告はしましたよ?






さて。
スザクロッド統治域の話が展開されてたわけですが、とりあえず現時点であの世界について分かってることは……。
●約1300年近く前にカリュプスと呼ばれる超巨大生物襲来
●当時の人類ではなす術なく壊滅的被害に(文明崩壊)
●スザクロッドはカリュプスを『殺し続ける』ための巨大な杭
●小ロッドはカリュプスの分身体をつぶす拠点のための装置
●カリュプスの体液は『C資源』と呼ばれ、非常に優秀なエネルギー源
●C資源はソムニウム(≒精神?)に影響を受ける。この発現がガーディアンアバター
●キワムらガーディアンはロッドを守るために人間によって作られた存在
●ガーディアンの力の根源もまたC資源
●ガーディアンは1000年前から『同じ生活』を繰り返してロッドを守るように義務付けられていた
●カリュプスには理性と本能があり、両者はほぼ独立した存在
●カリュプスの理性のガーディアンがミュール、本能のガーディアンがキワムコピー
●カリュプスはC資源の使い方を学びつつある
●カリュプスはかつてC資源を暴走させたガーディアンのなれの果て(推測)
こんなところでしょうか。
しかしそもそもソムニウムに反応するためには『心』が必要で、それが『心』である以上、環境の変化で成長することは避けられず……結果、キワムやアトヤらのような自律意識を持つガーディアンが誕生したわけで。
言ってしまえば、キワムらはおそらく新人類と言ってもいい存在です。
何せ人類より戦闘能力ははっきり高い上に、基本的に老化しません。
ただ、心のありようでキワムが成長したように、成長はするようです。
まあその意味では、心が年老いてきたらあるいは老化するかもですが。
ただ、それは人間よりはるかに長い時間がかかることでしょう。
あとは、キワムらガーディアンに生殖機能……ぶっちゃけ子供を作ることができるかどうか、ですが……。
ほぼ間違いなくないと思います。
あれば、おそらくガーディアン同士の子供は誕生しててもおかしくないですが、ガーディアンが長い時『同じ時間』を繰り返すようにセットされてた以上、『子供が生まれる』という変化が発生する可能性を与えたとは思えない。
というか、多分通常なら恋愛感情も発生しないと思います。
1の外伝でキワムがヤチヨを意識してたのに、ヤチヨは全くそんなことがなかったこと、その後2でヤチヨがそれを意識し始めたのは、要するに1の時点でキワムは通常のガーディアンのベースプログラムがすでに壊れてた(3ハードで発覚)ため、感情が揺らぎやすい状態だった一方、ヤチヨはまだ制御プログラムが有効な状態だったからでしょう。
あるいは、ですが……小ロッドに、ガーディアンの記憶を初期化する機能とかはあったかも。
ただ、おそらくキワムが来てからは初期化とかはされてないでしょうが。
その意味では、333号ロッドは遠からず真実に気付く可能性はあったのかもですね。
その後、ロッドが壊されてヤチヨも環境の変化によって心が変化した結果、キワムを意識する恋愛感情(めいたもの)が生まれたのではないかと。
まあライターがそこまで考えていたかは分かりませんが、一応そう言う説明はつけられるかな、と思います。
というわけで、ガーディアンは少なくとも成長もなければ子供もできない。
そもそも最初から完成された人格(ただし成長はする)として誕生するわけですが……。
普通に考えて、月の施設を今後使ってガーディアンをさらに製造することは、なさそうに思えます。
では今後はどうか……というと。
人間と協力できてる現状は問題ないでしょう。
多分ですが、20年くらいは平和だと思います。
上手くすれば半世紀くらいは大丈夫かもです。
問題はその後。
人間の世代が変わるころ。
当然ですが、人間は老いていずれ死にます。
しかし、ガーディアンは老いることはなく、寿命も(おそらく)ありません。
半世紀も過ぎれば、ガーディアンという存在が社会にいるのが当たり前になっていくでしょうが……。
老いることのない彼らは、必然的に社会の重要な位置を占めていくことになるでしょう。
なんせ外見も心も基本的に人間のそれなんですから。
そうしていくうちに、人間とガーディアンの間に差別意識が生まれないとは言い切れないと思います。
ガーディアンはその心が変わりにくい性質を持ってるとは思います。
しかし人間は移ろいやすいです。
また、自分が生まれる前から存在し、自分らよりはるか高みにいる(ように見える)ガーディアンに対して、嫉妬等の感情を抱く人間が現れることは、ある種必然でしょう。
なんせ経験、知識、戦闘力、生命力といったあらゆる面で人類を超越した存在です。
人類が勝ってる点は数のみ。
まあガーディアンはベースの人格に『人類を守る』というのが刷り込まれてるでしょうし、実際リミッターが壊れない限りはそれで安定だと思われますが……。
しかし人間と見た目が同じである以上、人間はガーディアンを恐れるようになるでしょう。
またその一方で、ガーディアンを神またはそれに類する存在として捉えようとする人間も現れると思います。
その先は分かりませんが……最悪の結末では、文字通り戦争になるかもです。
で、更にここに不確定要素として入るのがカリュプス(とミュール)の存在。
なんせカリュプスの力は絶大。
理性の側のカリュプスだけでも、全ガーディアンを凌駕するでしょう。
しかし一方で、本能のカリュプスは未だに暴虐をもたらす存在。
作中ではC資源に頼らない生活⇒カリュプスともいつか和解を、というような話がありましたので、いずれミュールを通じてカリュプスと対話可能になる可能性は提示されてましたが……。
ここからは正直いくつかのパターンがあると思います。

●パターン1:カリュプスと対話が成功する
【ケース1-1:カリュプスが地球を離れる】

この場合、カリュプスの要素は排除して考えられます。
ただ、C資源を失うとガーディアンが生きていけない恐れはありますので……。
その場合カリュプスと共にガーディアンも地球を去る可能性も。
【ケース1-2:カリュプスが地球に留まる】
これは単にカリュプスにとっても行く場所がない場合の話ですが。
この場合、ほぼ間違いなくカリュプスを神とする体制ができてしまうかと。
ミュールを巫女とし、ガーディアンはカリュプスの文字通りのガーディアン(守護者)として。
まあ政教分離とかが復活すれば、立憲君主制的なものもあるかな。
この場合、ガーディアンと人間は適度な距離感を持ちつつ平和に暮らせるかもしれません。
【ケース1-3:カリュプスが理性を以って地球支配を試みる】
ある種一番平和とも。
なんせ抵抗の余地なし。
自分を守る兵力としてガーディアンを利用するでしょう。
言ってしまえば不死身かつ絶対的強者である支配者がいるケースで……まあある意味平和かもしれません。
●パターン2:カリュプスと対話出来る前に人間とガーディアンの間で破局が訪れる
【ケース2-1:人間がカリュプスの力を利用する】 

一番あるのが、新たなガーディアンを人間が作ってしまうことでしょうか。
しかもアバターを作れつつ人間に忠実な兵士を作るという最悪のケース。
この場合、おそらくほぼ最悪の結末になると思います。
あるいは追い詰められたら、人間がカリュプスを使ってガーディアンを攻撃、という可能性も。
月や地球が破壊される、くらいは起きるかもです。
【ケース2-2:ガーディアンがカリュプスを利用する】
この場合、ガーディアンはほぼ無現にC資源を補給できるようになるので、有利に進められるでしょうが……。
まあぶっちゃけ、これ収穫者エンドとも。
C資源を使い過ぎて精神の均衡を失って、最後はカリュプスを解放して全部終わり、とかなりそう。
キワムとかはもし生きてたら、人間側について戦っていそうですが……今回の話より更に厳しいでしょうねぇ。
【ケース2-3:どちらもカリュプスを利用しない(出来なかった)】
この場合は、純粋に人間とガーディアンの戦争⇒痛み分けで相互不可侵、辺りでしょうか。
その場合、結局ガーディアンは人間と別の場所で暮らすことになるだろう、とは。
一番あり得る選択肢は月でしょうかね。
ただ、更に長い年月が過ぎると人間は『月に神がすむ』『月に悪魔がいていつか地球を襲う』というどっちかの思想(あるいは両方)になって、宇宙戦争状態になるかもですが。

他のケースとしては、カリュプスの脅威がなくなって、かつガーディアンを人間化することができるようになる、というみんなが幸せになるケースもありますが……まあここまで行くとご都合主義すぎですかね。

いずれにせよ……あの物語の時点では平和ですが、100年、1000年先はあまりいい未来は可能性が低い気がします。
まあ実際、他の創作系でも、この手の『人類の手によって作られた超人類』か『人類の中から生まれた超人類』の類が共存共栄してるケースなんて……ホントに稀だと思います。
すんなり支配階級になってしまえば早いという説もありますが。
(FSSなんかがこれ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライン

Author:ライン
いらっしゃいませ。
ここでは、コロプラのゲームアプリ『黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のプレイ記録を連ねて行くと思います。
2017年から『ファイアーエムブレムヒーローズ』『Fate Grand Order』が仲間入りしました。
黒猫は若干課金、FGOは福袋のみ、白猫FEHは無課金です。

下記参加中。よろしければクリックしてください。
  

本サイトの画像はゲームのキャプチャ画像になりますが、その権利は製造元であるゲーム制作元に属します。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク