【黒猫】チャージスキルについて

こんなもんはさっさと終わらせるに限る、というわけでギルフェスミッションをサクサク終わらせました。
以前の進化素材クエor魔道書クエ5回で経験値⇒クリスタル1つ⇒経験値⇒クリスタル1つのループに比べると、格段に快適ですよね。
ありがたやありがたや。
明日あたりに魔道杯の仕様は発表されるかなぁ、と期待しつつ。
今回も多分イベントで稼ぎます。
というのは、どーやっても私は伍式で稼げそうにはなく……。
覇眼2リヴェータがいれば何とかなりそうではあるんですけどね。
今回は覇眼2ガチャを比較的よく引けてるので、イベントに期待したいところ。
やっぱ鍵はカノンですかねぇ。
あれは凶悪すぎる……。

あと、今日1日1回の無料メイトガチャ引いたら雷ロシェA+。
次が水ロシェCときたので……。
ちょっとマクロスガチャやってみたら……。
b401.jpg
ナンカデタ。
で、次のメイトが茶が雷キノコCなので、またマクロスガチャやったら……。
b402.jpg
マタデタ。
さらに夜になって何回かメイト回しつつ……。
b403.jpg
サラニデタ。
全部一発引きなのはすごくうれしいんですが……シェリル&ランカが出ねぇ……。
まあ1枚目は、水のチェイン保護がこれまで配布のミクしか持ってなかったから、これはありです。
複属性エンハンスは初速の早さが際立つし、正月元帥と相性抜群ですし。
ただ……シェリルはなぁ。
7ch高倍率攻撃はいいとしても、SSが使いづらすぎる。
HP消費があるとはいえ、同じ倍率の覇眼2カノンさんを見習え……と言いたい。
というか、マクロスコラボのシェリルとランカの扱いに、どーしてもマクロス側の意図が見え隠れしてます。
アレも本編ではあからさまなランカびいきが酷く、ゆえに私はランカがあまり好きになれないんですよ。
なんかそれがカードの能力にも影響してる気が……。
ちなみに私はシェリルがかなり好きだったんですがね。
特に本編4話(だったかな)が凄いよかった。

まあそれはともかく。
この最近登場したチャージスキルですが……。
かなり癖があるというか使い方に気を使う必要があります。
特に用心すべきはレイド。
自分のターンじゃないと使えないスキル(キーラ&ベルナの)は、チャージがたまっても発動しませんでした。
つまり発動タイミングをちゃんと見極めないとダメですが、途中で誰かが回線落ちしたりするとその計算も狂います。
要するに非常に使いにくい。
とりあえず……チャージスキルは発想としてはありかもですが、もう少し改善しないと使い物にならないです。

●レイドではチャージ完了次第いつでも使用可能にする(かつチャージ開始もいつでも可能)
こうすれば、むしろレイドでは場合によっては通常スキルより便利なスキルになる可能性もあります。

●チャージターンをスキルチャージまたはチャージパネルで短縮可能にする(連続で効果あり)
こうすると、むしろ複数配置できるチャージパネルの利便性は跳ね上がります。
場合によっては即発動可能になることから、戦術に幅も生まれますし。

この2つが適用されたら、かなり変わると思うんですがねぇ。
魔道杯とかでも考えようによっては使えるものになるかもだし。
(この際チャージ中は行動できないのは諦めますが)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらもお久しぶり

マクロスガチャ、神引きですね。
おめでとうございます!

私の方はクリスタルが貯まる度に覇眼2ガチャにチャレンジしていますが、初日にハクア×2を出して以来大当たりはなしです。
出来ればリヴェータかルドヴィカが欲しいんですけどね……。
私の場合、マクロスガチャに運を吸われた感はありますが(笑
単発6回でシェリル&ランカ含めL精霊3枚は流石に調子乗ってました(マテ

Re: こちらもお久しぶり

神引きなのは確かですが、正直マクロスガチャはシェリル&ランカ以外は別にどーでもいいとも……(ぉ
あれは単純にアタッカーとしても最優秀の部類の上にSSがアレですからねぇ。
類似が出ても腐ることがほぼない素晴らしい性能なので……ホントに欲しいんだけどなぁ。
しかし単発6回でL精霊3枚は凄いですね。
というか大当たりどころではないような……。
私が目下一番欲しいのはシェリル&ランカと……ガンドゥです(笑)
プロフィール

ライン

Author:ライン
いらっしゃいませ。
ここでは、コロプラのゲームアプリ『黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のプレイ記録を連ねて行くと思います。
2017年から『ファイアーエムブレムヒーローズ』『Fate Grand Order』が仲間入りしました。
黒猫は若干課金、他は今のところ課金せずにやってます。

下記参加中。よろしければクリックしてください。
 

本サイトの画像はゲームのキャプチャ画像になりますが、その権利は製造元であるコロプラに属します。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク