【黒猫】上位亜種図鑑埋め断念しつつ、チャージ発動について語ってみる

余裕があったらやりたいですが……。
結局悲涙級を80回ほどクリアして(途中で出なかったからリタイアしたのもある)、上位亜種が出たのが3回。
で、ドロップはなし。
結局水と火の上位亜種はゲットできてません(そもそも水はトライすらほとんどしてない)
この異常な確率はマジで何とかしてくれ……。
まあそれでも、どうにか上位亜種ミッションはコンプしたので……。
魔力と時間が余ったら再挑戦はしたいですが……。
かなり難しい気がする。
というのもマクロスイベントはまだ始めたばかりだし、魔道士の家のスザクは完全手つかず。
クリスタル回収的にやらない手は全くないので……。

マクロスガチャはようやく情報集めましたが、Sスタートはそれなりに当たりとはいえ、やっぱ大当たりはSSスタートっぽいですね。
というか火のステータスUPは欲しいわ……火力も十分な複属性だし。
ただ、今回は課金して無理やり、という気はないですが。
あとは適当に引きますかねぇ。
ちなみに今日6回引いた結果は、ブレラ、クラン、ブレラ、ブレラ、一条、ミンメイでした。
で、さすがにAスタートは全部揃ったっぽい。
とりあえず手持ちは全部最終進化まで持って行きました。
まあ、全体的な印象はミクガチャとまではいきませんが、近いレベルの外れの少ない感じではあります。
カードが揃ってない人には凄くいいですね。
ただ、なんでミンメイがLじゃないのかなぁ……というのはちょっとありますが。
あとは今回から来た本格的に始まった遅延発動……というかこれ、チャージ発動ですよね。
SS発動後、チャージされるまでは行動もできないとのことですから。
つまりチャージ発動は相当なリスクを抱えることになりますが……。

b354.jpg
遅延発動ってのは、TRPGとかではよくある魔法で、トラップなどに使います。
時間あるいは特定の条件を指定して発動する魔術で、実はこれに近いものはすでにウィズにもあります。
起死回生がそれ。
あれはいわば蘇生を時間制限つきとはいえ準備して、倒れたら即発動するようにしてあるわけですから。
『無に帰す』も実質遅延発動ですね。
あとは回復等を『置いていく』ことで本来の行動を別のことに使える等のメリットがありますが……。
ウィズの場合、どちらもかなり微妙。
しかも、チャージ中動けないという……魔貫光殺砲みたいなもんですかね(ぉ
だとすれば、正直相当なメリットがなければ使う意味はほぼ皆無です。
この設定だと、多分SP封印されたら使えなさそうだし。
まあ少なくとも、キーラ&ベルナデッタのはSS2は封印ですねぇ。
今回のマクロスガチャにもチャージ発動がいますが……。
チャージ中行動できないというデメリットを払うなら、発動それ自体は異様に早くないと……いや、早くてもあまり割に合いません。
その間のAS攻撃も封殺されるわけですし、手数の減少に見合うとはあまり思えません。
この能力の形式だと、割に合うと言えるのは……。
たとえば味方全体への効果値200以上のエンハンスとかでしょうかね。
継続ターンは4以上で。
あるいは効果値1000以上の大魔術。
これなら、多少は見合うかもです。
少なくとも回復や遅延は論外。
あとは、もしスキル反射を受けないなら、使い勝手は変わりますが、多分それはなさそう。
『スキル反射を無視して』遅延かけるとかあったら話が変わりますかね。
あ、試してないですが、スキルチャージはどう作用するんですかね。
もしこれで縮むなら、また違ってきますが。
というか……リフィルのチャージパネルが絶大な効果を発揮しそうな……ちょっと試そう。

どちらかというと、遅延発動は潜在結晶で実装した方がよかった気がします。
遅延発動:1~3ターンで、SSの効果値を上昇させる、みたいな。
むしろ潜在結晶で『3ターンチャージの代わりにスキル反射の影響を受けなくする』という効果が付与可能だったりすると、色々選択肢は広がりそうです。
やっぱ既存スキルの拡張に使うべき内容だった気がするなぁ……。
あと、ステータスUPの亜流ですが、永続効果でASの効果値変化させるスキルとかは、チャージ発動のペナルティがあってもいいかな、とは思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライン

Author:ライン
いらっしゃいませ。
ここでは、コロプラのゲームアプリ『黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のプレイ記録を連ねて行くと思います。
2017年から『ファイアーエムブレムヒーローズ』『Fate Grand Order』が仲間入りしました。
黒猫は若干課金、FGOは福袋のみ、白猫FEHは無課金です。

下記参加中。よろしければクリックしてください。
  

本サイトの画像はゲームのキャプチャ画像になりますが、その権利は製造元であるゲーム制作元に属します。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク