【黒猫】フラクタルがいまだに回復精霊のトップに君臨する理由

登場してそろそろ1年にならんとする神話Verフラクタル。
14472502830.png
確か去年の4月の魔道杯:神話の総合報酬として登場して以降、いまだに水属性ではほぼ最高ランクのヒーラーとして、君臨し続けています。
ステータスでは現状の最高ランクにはさすがにやや劣るものの、それでも他の精霊の援護も受けることで、5000位のHPは確保可能なうえ、水術士であれば攻撃力を+300できる潜在能力。
7chあればLモードなら20%、解除されてても17%という下手な回復の1.5倍以上の回復力。
そして何より……圧倒的アドバンテージは、SSにあるでしょう。

●全色回復(50%)+全色状態回復+蘇生

私の手持ちで、これと同等のスキルを持つのはフラクタル含め以下。
b062.jpgb028.jpg
このスキルはフラクタルが初めて所持したスキルで、魔道杯で情報公開時にはさほど評価されませんでしたが、その後評価は爆上げ。
まあそれも当然で、このスキル持ちが(スキル使用可能な状態で)生き残っていれば、一発でデッキの立て直しができるという最強の回復スキルです。
まあ最近はのろいとか解除できないのもありますが、実は死亡⇒蘇生だと全状態リセットになるので、そう言う意味ではのろいすら解除されてしまうとも(まあ倒れてるわけですが)
これを上回るには回復量を100%にするとか、付加効果(漸次回復やエンハンス等)を更につけるしかないでしょう。
あと、フラクタルの場合は蘇生は水属性のみで、これの上位互換の全色蘇生がついに出ましたね(3周年サーヤ)
実際、上記3精霊以外と、あとはコナンコラボの蘭(水)、天上岬1のアネーロ(雷)、3周年記念のサーヤ(水)以外に、2016/02時点ではこのスキルの所持者はなし。
つまりいずれも限定。
献身(自爆)で同等の効果を持つスキルの所持精霊(火:シャクティ)もいますが今回は除外します。
フラクタルが登場から間もなく1年にもなるのに、いまだに最高位の回復精霊の1つになる所以は間違いなくこのスキルに起因すると思います。
そのためか、このスキルの所持精霊は非常に少なく、また滅多に出てきません。
実際同じスキルの所有者である次のミクが出るまでには、フラクタル登場から実に7カ月も間が空くわけですし。
あと、助っ人だと神がかってますね。
なんせ壊滅寸前でも一発で立て直してくれますから。
ちなみにこの6精霊はそれぞれ特色があって面白いです。
文章で書くと長いので箇条書きに……。
属性
 火:ミカエラ
 水:フラクタル、蘭(副:雷)、サーヤ(副:雷)
 雷:ミク(副:火)、アネーロ
AS
 攻撃:ミカエラ(4chで300/400+天使魔族+150)、サーヤ(6ch3連撃で350/450+パネル色で+100/250)
 回復:フラクタル(10/13+7chで+7)、ミク(10/13+5chで+5)
 付与:蘭(5chで60/90)、アネーロ(3chで50/70)
潜在能力
 戦後回復あり:フラクタル、アネーロ、サーヤ
 九死一生あり:ミカエラ、ミク、アネーロ
発動ターン
 2-5:ミク
 3-6:ミカエラ、フラクタル
 4-7;サーヤ
 4-8:アネーロ、蘭
蘇生対象
 自属性のみ:フラクタル(水)、ミカエラ(火)、アネーロ(雷)
 複属性対象:ミク(雷火)、蘭(水雷)
 全属性対象:サーヤ

蘭、サーヤ、アネーロはやや発動が遅いのが欠点。
ミクの早さは異常ですが。
こうみると、さすがに水がやや充実してる印象ですが、どんぐりですね。
しかし火はいまだに双翼光ミカエラのみというレアリティの高さ……。
九死一生は一人生き残ってさえくれれば立て直せるこのスキルの所持者には最適の能力です。
ヒーラーとしての戦後回復も大助かり。
両方持つアネーロは理想的ですが……ASがエンハンスなのが現環境ではかなり残念。
サーヤ、ミカエラはともにAS攻撃でもSS回復という回復入れたいけどASは攻撃にしたい場合に最適。
ただ、チェイン数が4/6と多いので、初速や立て直しに難がある感じ。
サーヤはちょっと立て直しとかは厳しいですね。
いずれにせよ、いまだにこの6精霊しか所持してないところが、このスキルの希少性を示しているかと思います。
さすがにそろそろ、火のヒーラーにこれが実装されますかねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ライン

Author:ライン
いらっしゃいませ。
ここでは、コロプラのゲームアプリ『黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のプレイ記録を連ねて行くと思います。
2017年から『ファイアーエムブレムヒーローズ』『Fate Grand Order』が仲間入りしました。
黒猫は若干課金、他は今のところ課金せずにやってます。

下記参加中。よろしければクリックしてください。
  

本サイトの画像はゲームのキャプチャ画像になりますが、その権利は製造元であるゲーム制作元に属します。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク