【白猫】創作小話:女王と騎士

「おや? カレンではないか」
 突然そう話しかけられたカレン・ガランドは、しかしそれに即応できなかった。
 即応できなかったのは、話しかけられたのが不意打ちだったからではない。
 ただ、その声があるはずがない人物のものだったから、動揺してしまったのである。
「違わぬよな? そなたであろう?」
 そんなはずはない……と思いつつ振り返り、カレンはそこにあるはずのない人物を確認した。
「女王陛下……なぜここに……」
 それは、カレンが主君と仰ぐガランド王国の女王、インヘルミナ・B・ガランドその人に間違いなかったのである。
「ふむ? 何のことはない。ここは我が国の同盟領の1つでな。わらわの別宅もここにあるのじゃ」
「は!?」
 思わず敬語も忘れ、素っ頓狂な声を出してしまったカレンであった。

「……そ、そうですか……」
 カレンは脱力しながらつぶやいた。
 インヘルミナの話では、最初こそ『征服女王』の名に相応しく、飛行島を征服しようとしたが、それは諦めたとのことだった。
 この島の連中はお人好しばかりではあるが、いずれも飛行島の主に信頼を寄せており、そこを切り崩すことはできなかったこと。
 そして、武力で制圧しようにも、飛行島は文字通り空を飛んでおり、飛行艇で襲うとしてもいくらガランド王国としてもそれほどの戦力は用意できず……そして、この飛行島の住人は多くが冒険家であり、戦闘力には長けてること。
 また、冒険家ではない者も多いが、その場合でも他国の国家の王族やら貴族だったり、帝国の軍人だったりと多種多様。
 むしろ下手にここを一国が手を出そうものなら、国際問題になりかねない。
 なので『同盟』という形で落ち着いたという。
 とはいえ、ガランド王国に何かありし時は、支援を受けられることになってるというだけでもかなり大きな意味がある。
 それはいいのだが……。
 最近よく女王が不在なことがあるとは聞いていたが、それはことごとくこの飛行島に来ていたからのようだ。
 支援の見返りに何と女王自らが槍や魔術で冒険家まがいのことをして手伝っているというのだから……脱力もしようものだ。
 ……そいえば自分も最近そう言う手伝いしている気がするが。
 まあ実際、それはいい気晴らしではあるのだろう。
 心なしか、女王は玉座にある時より快活に見えた。
「して、そなたは何故ここにおるのじゃ?」
 当然と言えば当然の質問をされた。
 剣誓騎士団の副長という立場では、そうそうこんなところに来ることはできないのだが……。
「えと、団長探しに来てまして」
 今度はインヘルミナが呆れ顔。
「まあ、団の運用はヘクトル様がいれば問題ないのもあって……」
 剣誓騎士団の団長であるディーンは、そもそものモチベーションが『人に褒められたい』という、およそ騎士としてはおかしい人物だ。ただ、微妙に間違ってないのが残念なところでもある。
 そして、普段の騎士の任務より、この島が仲介してくれる冒険家としての仕事の方が……実は、結構感謝されることは多い。
 しかも騎士団は現在先の争乱からの立て直しで、大規模な任務を行うことはできない状態だし、ディーンはいざという時にいてくれればよくて、通常の任務はヘクトル王一人で十分こなせてしまう。
 そんな状況のため……ディーンは時々……というよりは隙を見て頻繁にこの飛行島にやってきてるらしい。
 飛行島もまた、先の争乱に巻き込まれてその事後処理のために近くに停泊(?)してるからというのもある。
 まあ、飛行島はどうやら《闇》の勢力とは正面からことを構えているようので、剣誓騎士団としても協力体制を築くことは大いに意味がある。
 だから全く無意味ではないのだが……。
「そなたも苦労してるのだな」
 その言葉は、女王としてというより、従姉としての言葉のようであった。
 実のところ、カレンはこの少し年上の従姉が苦手であった。
 先王の娘であり、王位継承を自分の父と争った人物。
 ともすれば、内乱になるところを、父が彼女に恭順を示したことでそれは避けられたが、一歩間違えば連邦全てを巻き込むほどの内乱になる可能性すらあったという。
 一度ならず、父になぜ恭順したのかを聞いたことがあるが、父ははぐらかして教えてくれなかった。
 かといって、まさか女王に聞くわけにはいかなかったのだが……今なら、あるいは。
 そう思ったカレンは、思い切ってインヘルミナに聞いてしまった。
「なぜ……私の父は、陛下に恭順を示したのでしょう」
 後で考えてみれば、この発言は己の立場を不服としてたもので、叛意あり、と思われても仕方のないものだった。
 思い返しても慄然とするが、当時はそこまで考えていなかったし……インヘルミナはそれを鷹揚に受け取ってくれた。
「ああ、娘の立場では当然か。何、簡単な話だ。貴公の父上が王になれば、その次は貴公の姉が王になろう。そうすればどうなったと思う?」
 カレンは思わず呆気にとられた顔になってしまった。
 今回の事件の首謀者、ミューレアは、それまでは剣誓騎士団の一員として、非常に優秀な人物だった。
 信奉者も多く、インヘルミナとほぼ同年代であり、政治的能力も魔術も女王に引けを取らない、と評価されていた。
 人によってはインヘルミナ以上である、と評価する者もいた。
 ……いや、かつては自分だってそうだった。
 実際、父を王に、と推していたいた一派は、実際にはその次にミューレアが王になることを期待してた者も少なくはなかっただろう。
 だが、ミューレアはその突出した才ゆえか、あまりに危険な思想に囚われていた。
 一番近くにいたはずの自分でも全く気付いてなかったというのに――。
「あれは昔から危なっかしかったが、長じてどんどん危険な方向になっていたからな。そなたの父ですら怖れるほどに」
 またもや知らない話になっていた。
 父が姉を恐れてた……?
「まあ、あれもそなたには優しかっただろうしな。知らなくとも無理はない。だが、アレは王者に必要な覇気ではなく、全てに対する諦観から来る破滅的願望を持っておった。だから、アレを継承権者とするわけにはいかぬ。ゆえに我は、断固として王位をくれてやるつもりはなかった。これでもわらわは、祖国を愛しておるからな。それに、娘たるそなたには悪いが、私の方が貴公の父より王者として優れている、という自負もある」
 あらためて――本当にあらためて、カレンは自分がいかに子供だったか、護られた存在だったかを思い知った。
 姫ではない、騎士だ、と言ったところで、現実はこれだ。
 まさに籠の中の小鳥ではないか。
「そなたからすれば、姉があのようなことをやってショックではあったと思うが……?」
 インヘルミナはそこで言葉を止めた。
 なぜか、カレンが笑っているように見えたからだ。
「どうした? 何かおかしなことでも言うたか?」
 その言葉に、カレンはゆっくりと首を横に振る。
「いえ――自分がどれだけ未熟であったか、再確認できた――それだけでも十分意味があったと……そう思えただけです」
 過去はもう変えられない。
 何も知らなかった自分を叱咤しても、それは反省するという行為でしかない。
 大事なのは、その過去を踏まえてこの先をどう歩むか、だ。
 そして実は、まだ何も終わってはいない。
 姉は帝国へ亡命したと聞いている。ならば、いつか対峙することもあるやもしれぬ。
「女王陛下」
 あらためて、カレンは仕えるべき主君を見据え、その膝を折った。
「改めて、我、カレン・ガランドは非才なるこの身の全力を以って、陛下と国の力となることを誓います」
 それは、忠誠の誓約。ただ、かつてとは違う。
 全てを分かった上での誓約であり、同時にそれは、姉との決別を意味していた。
「……ふむ? よかろう。カレン・ガランドよ。汝の尽力に期待しよう」
 その意図までは伝わっていないかもしれない。
 ただそれでも、カレンはこの女王の元、祖国のために尽力することに、もはや何の迷いもなくなっていた。

w562.jpgw563.jpg

-------------------------
てきとーに作りました。
作ったのは結構前なんですが、手直ししてたら遅くなってイベント終わってしまった(ぉ
正直イベント的に、インヘルミナは出てこないとおかしくないか?というレベルでしたねぇ。
革命軍についてもメグの個人的な恨みだけであの場にいたので、あまり関係ないし。
実質は連邦の暴走を帝国と英雄?が止めただけとも。
Soul of Knightsは、パーツは悪くなかったのに、全体的に微妙になってしまう典型的な話だったなぁ、と思いました。
(某ス○イルプ○キュアのよう<マテ)
じゃあどうすればよかったのか、となると……さすがに即答できませんが、あまり各自の立ち位置は変えなくても面白くはできると思います。
ああ、あとキースはどう見ても英雄だったと思うんだー(笑)

参加中。
白猫あんてな参加中。
スポンサーサイト

【白猫】創作小話:猫神様と和歌の神

先に注釈です。
今回のはゲームの記事ではありません。
私は元々ホームページを持っていますが、そっちでは某有名ゲームの二次創作をメインで公開していました。
現状日記以外は開店休業状態ですが……。
そこでは当該のゲーム以外にも多数の題材を扱ってましたが、今回それに白猫が対象に入ってきましたというか……。
ぶっちゃけ、黒猫コラボのイベントが不満だったのでだったら自分で書いてしまえ、という(マテ)
というわけなので、そういうのに興味がない人はこの記事はスルー推奨です。
あと、キャラが違うとかそういう文句は受け付けません。
この手の創作において、書かれたものに(残虐行為や好ましくない記載がある場合を除いて)文句を言うのはNGだと思ってます。
いいたければ自分で書け、とも言いますね。
こうした方がよかった、という意見なら別ですが。
という前提を踏まえた上で、それでも読むヒマナヒト(マテ)はスクロールしてください。
ま、めっちゃ短いですけどね。

---------------------------------------------------
「あれぇ? どうしてミコトがこんなとこにいるにゃ?」
 突然名前を呼ばれ、女性――ミコトは驚いて振り返った。
 先だってのスィー島で無茶な召喚をされてから、スィー島のトラブルに巻き込まれ、それは無事解決した。一応帰る手段も確立されてるが……なんとなく留まってしまった。
 理由はいくつかある。
 ひとつには、美味しいお菓子がたくさんだったので、後ろ髪を引かれてしまったこと。
 もうひとつは、せっかく知り合った友人たち――ツキミという女性は妙に気があったこともあり――とすぐには別れがたかったこと。
 そして最大の理由は――戻ってもご利益ぽいんとの少なく、めったにお参りされない自分では全然ご利益ぽいんとがたまらない。
 ところがここでは、『冒険家』として『依頼』を達成すると、何とご利益ぽいんとが増える。和歌の神としてではなくても、人の役に立てればいいというのは若干もにょるところもあるが。
 もちろん、いつまでも神界を空けているわけにはいかないので、そのうち戻るつもりではいるが、もう少しここにいてもいいと思っている。
 何度か依頼をこなしている間にこの島――なぜかここでは自分の姿は人に見えるらしい――の人たちとも仲良くなった。だから、名前を呼ばれるのは不思議はない。
 ただ、この声は――
「猫神様!?」
 かつて、とても世話になった猫神様――のふりをしてもらったウィズという猫。まさにその声そのものだったのだ。
 ところが。
 振り返った先にいたのは、見覚えのない女性だった。
 くすんだ金色の髪を肩のあたりまで伸ばした、ちょっといたずらっ気のある表情。
 どことなく猫を思わせる雰囲気こそあれ、見覚えは全くない。
「えっと……どなたでしょう?」
 長い杖を所持しているところから、魔道士だろうか。動きやすさを重視した服装は、おそらく自分と同じく冒険家稼業の人間だと思われる。実際、飛行島の住人の大半は冒険家だ。
「あー、そか、この姿で会うのは、初めてよね」
 女性は思い出したように頭をかく。
 既視感。そう表現できるものを、ミコトは感じた。間違いなく初対面であるはずのこの女性を、以前見たことがあるように思えるのだ。
 その、直後。
 女性の姿が突然ぶれたように感じ、直後、まるで幻のように消えた。そして――
「ほら、これならわかるにゃ?」
 そこにいたのは、見間違えようもない――
「えええええええええええええ!? 猫神様ー!?」
 飛行島にミコトの驚愕の声が響き渡った。

 ぱくり、と口に入れた瞬間、何層にも重ねられたパイ生地の食感が口を満たす。
「はー、相変わらずこのパイは絶品にゃ♪ まあ、チャレンジャーなことされなければ、だけど」
 ミコトはまじまじと横で一緒にパイをほおばる女性を見た。
 あの時、見慣れたあの黒猫になった女性は、すでに元の姿に戻っている。ただ、間違いなくあの猫神様であることをミコトは確認した。
「まさか猫神……ウィズ様もいらしているなんて。あの、お付きの方……じゃない、お弟子さんの魔法使いさんは?」
「あー。弟子は元の世界にいるにゃ。私だけこっちに召喚されちゃって……ただ、たまに連絡取ってるけどにゃ」
 そういって、猫神――ウィズはいくつかの紙の束を見せた。どうやら、その弟子との交信記録らしい。
「なぜか私はこの世界では元の姿に戻れるんだけど、それは私の力が限定的に分散しちゃってるかららしいの。私の猫の姿も私の力の一部ってことで、その特に大きな部分は今はとある竜に預けててね。だから本来の力を発揮しきれない代わりに、人間でもいられるってことみたい」
 本来の力ではない――ウィズはそう言うが、それでも十分に強力な力を感じる。改めて、彼女があの魔法使いの師匠であることを再認識させられる。
「でも、帰らなくていいんですか?」
 するとウィズは、大きな口でパイをほおばったあと、一瞬考えるようになってから――
「いつかは帰らないとだけどね。この状態は私にとっても都合いいのよ。ほら、この姿なら自分自身を調べられる」
 ウィズにとっては、やはり猫の姿ではできることには大きな制約があった。今でも、力の大半はない状態だから、そう大したことはできないにせよ、それでも猫の姿の時とは比較にならない。
 逆に猫の姿の呪いがほぼ分離してる今なら、呪いそれ自体の研究もしやすいらしい。
「ま、といっても呪いの根源が第零世界に由来してるっぽいから、難易度洒落にならないんだけどにゃ」
 つまり、弟子は元の世界で、師匠はこちらでそれぞれ頑張ってる、ということのようだ。
「はー、そうだったのですね。っていうか猫神様――ウィズ様が元は人間ってのは聞いてましたが、こうやって対するとなんか不思議な感じです」
「それは私もにゃ。他にも何人か、知り合いがこっちに来て足りするし。みんな不思議がって面白いにゃ」
「……あのー。その『にゃ』って語尾、違和感ないんですが、もしかして癖になってます?」
「あー、うん。もともと多少そう言う癖はあったんだけど、猫になってから加速してる自覚はあるかにゃー」
 そう言ってパイをもう一口。
「それこそ、ミコトは帰らなくてだいじょぶにゃ? 一応神様のはずじゃ?」
「あー、はい。結局神様って感謝されてなんぼ、でして。で、冒険家として感謝されてもご利益ぽいんとたまるんですっ」
 その言葉にウィズは目を丸くする。
「……つまりご利益ぽいんとの仕組みって、この世界でも有効ってこと……? ある意味すごいにゃ、それ」
 世界が違ってもご利益ぽいんとというシステムというか法則は有効。その一方で、本来下界に直接干渉できない――だからあのカタバはそれを喧嘩祭りとうなめんとの願いにしようとした――という制約は無くなってるのだから、何とも都合がよい。
 世界は108の世界があり、相互に干渉こそすれ交わることがないとされる。この世界も、クエス=アリアスも、ミコトの世界もその1つだ。
 ただ、第零世界に関わったからなのか、ウィズ達は容易くその世界の境界を越えてしまうことが多い。今回もその1つだ。
 とはいえむしろ――。
「あっさりこっちに召喚したラヴリの力にびっくりにゃ。まあ色々デタラメな気はしてたけど」
 スィー島それ自体は、ウィズもかつて訪れたお菓子の世界なのは分かってる。問題はそこに飛行島ごと召喚してしまったラヴリだが……あの後、召喚された者たちはことごとく飛行島で過ごしてるらしい。
「そいえば、知り合いが何人かっておっしゃってましたが……他にも?」
「あー、うん。思った以上にいてびっくりしたにゃ」
 時計塔の住人ユッカ・エンデ。
 天使のミカエラとルシエラ。
 怪獣とまで評される絶大な魔力と膨大な魔術を操る天才アリエッタ。
 天上岬の調香師ファム。
 覇眼という特殊な力を持つリヴェータ――ただ、彼女は多分こちらを知らない若い頃のようだ。多分この後、彼女は元の世界に帰った後に自分たちとめぐり合うのだろう。
 ガーディアンという特殊な存在とともにあるキワム。
 そして――。
「他はともかく、あの男がいたのはびっくりだけどにゃ」
 ドルキマス軍元帥ディートリヒ。
 あの男とは、ウィズは一度も会話をしていない。幸い、向こうはこちらに気付いてないし、気付く余地はないだろう。
 だが、同じ場にいると、この飛行島でさえ、そこが戦場だと錯覚させるほどの緊張感を覚えてしまう。……なんか最近見た目が同じくらい怖いのと一緒によくいるので、文字通り『触らぬ神にたたりなし』を地で行っているが。
「そう考えると、ウィズ様って知り合い多いのですね。いろんな世界に行ってるからなのか」
「いいことばかりじゃないけどにゃ」
 でも悪いことばかりでもない。ミコトとだって、仲良くなれたのは世界を渡ったからだ。そして、他の世界の力をカードを通じて得られるクエス=アリアスの魔道士としては、自分も弟子も破格の経験と力を得ていると言っていいだろう。
「どちらにせよ、ウィズ様がいてくれて嬉しいです。慣れてきたとはいえ、まだ人に見られること自体が不思議なので……」
 ミコトはちょっと安心したように、へにゃ、と笑う。つられてウィズも笑ってしまった。あまりに神様らしくないが……まあそれはミカエラやルシエラといった、天使にも言えることでもある。
 それにこの世界はこの世界で、神様がいるらしいし。
「ま、アイリス達も何か色々大変みたいだから、手伝ってあげるといいにゃ。招かれたのなら、きっとそれには意味があって、やることがあるからだと私は思ってるし」
 ウィズやミコトにとって、究極的にはこの飛行島の問題は他人事だ。ただ、それで割り切れるような性格を、ウィズはしていないしミコトはもちろんだった。
「はい、そうですね。これからもよろしくお願いします、猫――ウィズ様っ」
 ミコトも元気よく応じる。
 そして、ミコトがその時の気分を歌にしようとして――とんでもないことが起きるのはいつものことだった。残念ながら、ウィズが止める間もなく。

蒼穹の 雲のまにまにたゆたえば 懐かしき友に巡り会うかな

「だからなんで『蒼穹』が『早急』になるにゃーっ」
「ぎにゃ〜〜〜〜〜〜〜〜」

その日、超高速で空を飛び交う飛行島があったとかなかったとか。
w193.jpgw194.jpg
--------------------------------------------------------------
オチはミコトに頼りました(ぉぃ
まあ、なんとなく二人の会話を書きたかっただけです。
実際、ウィズはおそらくほぼ100%全員が保持できるわけで、復刻したらぜひイベント追加してほしいんですがねぇ。
上記の通り、少なくともミコト、ユッカ、アリエッタ、ファム、ルシエラ、ミカエラ、ディートリヒは初対面ではないですし。
リヴェータは怪しいけど。
このあたりは今回のコラボキャラに関しては黒猫側のイベントではちゃんとやってくれてたのですが。
白猫もぜひやってほしい……。
ああ、あと表情差分。
なんで黒猫はばっちりあって、白猫がないんですかねぇ。

しかし実は……普通に『お話』を書いたの、もしかして数年ぶりかも。
どれだけ開店休業してるんだ、私のサイト……(自爆)
プロフィール

ライン

Author:ライン
いらっしゃいませ。
ここでは、コロプラのゲームアプリ『黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のプレイ記録を連ねて行くと思います。
2017年から『ファイアーエムブレムヒーローズ』『Fate Grand Order』が仲間入りしました。
黒猫は若干課金、他は今のところ課金せずにやってます。

下記参加中。よろしければクリックしてください。
 

本サイトの画像はゲームのキャプチャ画像になりますが、その権利は製造元であるコロプラに属します。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク